A win for mental health with Synergy technology award

すべての海事関係者のメンタルヘルスと福利厚生をサポートするヘルプラインの開発におけるタタ社会科学研究所とのコラボレーションが、SAFETY4SEAによって認められました。2019年10月2日にピレウス・ヨットクラブで行われたきらびやかな式典で、2ヶ月以上にわたるオンライン投票を経て、シナジー・グループは2019年のSAFETY4SEAテクノロジーアワードを受賞しました。

コペンハーゲンにあるシナジー・グループのヨーロッパオフィスの責任者であるルネ・ゼウテン氏は「今晩、シナジーに投票してくれたのは世界中の船員であり、私たちは本当に感謝しています。」「この賞は本当に彼らのためのものだ。」と賞賛しました。

シナジー・グループは、Alpha Ori Technologiesと提携し、複数の船上システムを遠隔操作するためのインターネットプラットフォームSMARTShipを開発するなど、デジタル海運ソリューションのリードイノベーターとして頭角を現してきました。

シナジー・グループは、2018年末にiCALLを立ち上げた際に、その技術的な専門知識を船員の精神的な幸福に向けたのです。このヘルプラインサービスは、すべての海事関係者が無料で利用できるほか、電話、電子メール、チャットベースのnULTAアプリでも利用できます。

これについてゼウテン氏は「船員のメンタルヘルスを真剣に考えることは、社会的責任だけでなく、ビジネスにも不可欠である。」「もちろん、人間的な理由から、これに対処する必要がある。それが正しいことなのだ。」と述べました。