IT技術

Information Technology

シナジー・グループのIT部門は常に成長の核となる役割を担ってきました。そして、各部門の専門家が数十年の知識と経験を結集して自社開発のソフトウェアパッケージ「ShipPalm」を開発しました。これは、TMSAと各種規制に準拠した次世代の船舶管理ソフトウェアです。ビジネス・インテリジェンス分析を利用した、データに基づく意思決定と将来予測により、統合的な船舶管理ソリューションが可能になります。

ShipPalmの様々なモジュールには以下のようなものがあります。

  • 本船パフォーマンス分析
  • 証書管理
  • ドキュメント管理
  • 故障・インシデント管理
  • 船員管理
  • 購買管理
  • メンテナンス計画管理
  • ビジネス・インテリジェンス分析

シナジー・グループが、SMARTShip技術を「TRAMMO DIETLIN」に導入し、2017年5月2日にこの種の船としては初めてロイズ・レジスターの「AL-SAFE」表記を取得したのは、先駆的な取組みでした。それ以来、ますます多くの船にSMARTShip技術が搭載され、その数は増加の一途をたどっています。