Synergy Group Wins the Prestigious ‘Investment in People’ Award

シナジー・グループの海上安全、船員福祉、女性のエンパワーメントへの取り組みが、2019年シートレードInvestment in People Awardを受賞しました。 この賞は、「業界で最も価値のある資産である人材の採用、訓練、定着、昇進に大きく貢献した」ことが評価された人物に贈られる賞です。

この賞を受賞したラジェッシュ・クマール・シン船長は、グループの「人を第一に考える」アプローチが、世界クラスの船員の定着率の高さを物語っていることと、「船員として、シナジー・グループを代表してこのような賞を受賞できたことを大変光栄に思っている。シナジー・グループの1万人以上の船員だけでなく、世界の貿易を支える重要な役割を担っている160万人の船員を誇りに思う」と述べました。

ラジェッシュ・ウニ船長は、すべての職員の訓練、開発、奨励がシナジー・グループのコアバリューであることを評価してくれた審査員に感謝の意を表しました。「これこそがこの賞の精神であり、私たちと一緒に働く人々が大切にされていると感じることです。これは、私たちが意識的に努力していることです。この思いやりの精神を築き、維持し、従業員の能力向上を支援することは、簡単な道のりではありません。実際には、適切な人材を見つけ、育成し、維持するというエキサイティングな挑戦は終わることがありません。」と述べています。

審査員は最近の業績の中で、シナジー・グループの安全トレーニングへの投資と、2018年10月に新設された海上ヘルプライン「iCALL」のメンタルウェルネスを称賛するとともに、男女平等への長年の取り組みも評価しました。

これの成果は、シナジー・グループとその子会社が雇用する女性船員が大幅に増加し、LPG船では初のフィリピン人女性士官候補生や、シナジー・グループの船隊では初の女性マスターが採用されたことに表れています。